スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとずつアップします。

先日はロッキーに温かいコメントを多数いただき、ありがとうございました。



あっという間に12月になってしまいましたが、
ヒラリーの11月のネタを少しずつアップしていきます。

よければ見てくださいませ(*^_^*)

11/2 またまたお股

11/3 やっぱツリーは赤でしょ。

11/4 久しぶりの夕さんぽ。

11/5 やらせじゃないよ。

11/15 甥とヒラリーの関係。

11/16 お庭でランラン。

11/20 冬じたく。

11/23 そうだ カメラ、買おう。(もみじ祭り)

11/29 ベッドの運命。

11/30 11月最後の朝んぽ。

スポンサーサイト

11月最後の朝んぽ。

11月最終日の日曜の朝。

とっても天気が良くて気持ち良いです(*´▽`*)


スマホ画像だとイマイチだけど、山の紅葉も綺麗です。
間近で見る紅葉もいいけど、遠目に見る紅葉も目に優しくていい感じ。

そんな景色に全く興味がないヒラリーさんは、
今日も例の草のところでスンスン。


ちょっと進んでまたスンスン。

私たちが前に行ってもまだスンスン。


こんな下を向いてばっかりの散歩じゃもったいないこの天気!

公園に行って、ランラン!


1人じゃ走らないヒラリーのために、


旦那さん、がんばる( ̄∇ ̄)


ほどほどに旦那さんが疲れた頃、帰宅。

まだ元気いっぱいのヒラリーは庭でもボールを追いかけ、


ランラン♪


週末お天気がいいと、すっごく得した気分になります(*^O^*)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

ベッドの運命。

ベッドをプレゼントした翌日。

ケージにぴったり収まったベッドに、


ぴったり収まったヒラリー。


非常に気持ち良さげ(*´▽`*)


こりゃベッド買って大正解!

と思った翌日。

早速やらかしました(ToT)

形が変!!
と思ったら、ステッチ部分の紐が出てた。


やっぱりやったか…と思いつつ、
形を直して、戻りきらなかった紐をブチっと切って、
ゲージに戻したら…

翌日、違う箇所をガジッてた(-_-;)


破れた箇所を母がチクチク縫って直してくれて、
嫌な予感がしながらも寒い日々が続くのでベッドをゲージに戻したら。

土曜の朝。

私達がちょっと遅めに起きてきたら、

アワワワワ… (((( ;゚д゚))))

というか、

ワタワタワタ…(◎-◎;)


なんじゃこりゃー!!

あなた、もうすぐ2歳ですよ。
こりゃないでしょ…_| ̄|○


遅いったって、平日より1時間遅いだけやん。。。



なんやその態度!?

全く反省してないやろー!!

寒くっても自業自得やからね!


母よ、せっかく直してくれたのにすまぬ。
そして、また頼むm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

そうだ カメラ、買おう。(もみじ祭り)

すっごくお天気が良かった3連休。

最高気温20℃の汗ばむほどの陽気の中、

「そうだ 京都、行こう」

ではなく、近場のもみじ祭りに行ってきました。

酒蔵が立ち並ぶ通りを抜けて、


辿り着いた先には紅葉まっさかりのもみじ達。
青空とのコントラストが綺麗やね~。


三連休ってこともあるけど、今年はNHK大河「軍師 官兵衛」の影響か人が多い(+o+)
(ここは官兵衛ゆかりの地なんです)

ヒラリーも人ごみに圧倒されてか、眉がモリモリっ。


人が多いルートを避けて、ちょっと遠回り。


赤だけじゃなく黄色が混ざってるのがいい感じ。


それじゃ、記念撮影。

最初はヒラリーにピントが合う。


次はバックの紅葉にピントが合う。


ピントはスマホのオート機能次第。

どちらもヒラリーのマヌケな感じは表現されてるけど、
風景の美しさが伝わらない。。。

そして、紅葉のトンネルを抜けて、


山頂手前の広場に到着。

11月にしては暑い中、けっこう歩いたので、しっかり水分補給。


さらに、栄養補給(・ω・)ノ


その奥にはこんな美しい風景が。


そこに真っ赤な紅葉の木があったので、
折角だから記念撮影しようとしたのに、ヒラリーは隣のおじさんに興味津々(^_^;)

私たちはこんな写真しか撮れなかったのに、


おじさんはゴツい一眼レフでヒラリーを激写されてました。。。
後から聞くと、スヌードが珍しかったらしい。

さらに、苔むした素敵な切株があったので、ヒラリーと撮ろうとしたのに、
またまたこんな写真しか撮れず。。。


しかし、別のおじさんがヒラリーの正面から一眼レフで撮ってた。
しかも、無言。
これも隠し撮りになるのか・・・?

人ごみが嫌いな旦那さんは待ってくれず、

切株のみ撮影。。。むなしすぎる。



葉っぱだけ撮ろうとしてみれば、


いきなりこんなジャマが入るし(ノД`)


わざわざ私が持ってるのを取らなくても、
足元にいっぱい落ちてるやんって言ったのが悪かったのか…

いや、そんな言葉を理解できるはずないけど…

こんな暴挙に出るし(◎-◎;)


やめてくれ~!!


という声も届かず、やりたい放題_| ̄|○


もともとシャンプーするつもりでお洋服着てなかったけど、

これは酷い。


こんな汚れたオイヌ、その後は誰も写真を撮ろうとはせず、無事?下山。

するとそこにはノリノリのどーもくんが。


めずらしくビビらなかったヒラリーを旦那さんに預け、私は買い出しに。


料理は撮り忘れたけど、がっつくヒラリーは写してました。



これまでは手軽さゆえにスマホで写真を撮り、スマホでブログを書いていましたが、

クリックしてから撮り始めるまでの遅さが気になるようになり、
(シャッターチャンスを逃したこと多々あり)

連写写真の現像した時の粗さが気になるようになり、
(ロッキーの写真を現像した時ショックだった)

今回のような美しい風景を見ると、やっぱり綺麗な写真を残したいと思うようになり。

そうだ カメラ、買おう。

と思い立ちました(=゚ω゚)ノ

これから色々調べないと~。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')
Category: おでかけ。

ありがとうロッキー。

2014年11月20日。

10歳を目前とした9歳11ヶ月でロッキーが虹の橋へ旅立っていきました。



この日の朝は食欲もあり、久しぶりにカリカリフードも食べて。

2、3日前から引き続き、何度もオシッコに行ったけど、
ぐぅぐぅイビキをかきながら気持ちよさそうに寝て。

お昼12時過ぎに外に出たそうにしたので、いつものウンチスポットまで行って。

頑張ってウンチして。

何度もオシッコして。

ほとんどフラつくこともなくしっかり歩いて。

3日前はウンチで力尽きて抱えて帰ったのに、
ちゃんと歩いて家まで帰ってきて。

いっぱいお水飲んで、ジャーキーも食べて。


そんな姿を見て、昨日の検査結果通り、
ちゃんと良くなっていってるんだなぁって嬉しく思いながら安心したこの日のお昼。


ロッキーが定位置でくつろぎながら庭を眺めてたので、
私たちはお昼ご飯のため家の中へ。

たまたま家に来てた姉が帰るときには、同じ体勢で姉を見送って。

それから10分もしない内に父が見に来た時には、
さっきと体勢が変わってて既に意識があるのか無いのか分からない顔で。

父が母と私を呼んで、3人で必死に呼びかけると、
頭を動かして、一瞬なんとも言えない声を出して私の方を見て。

確かに目が合って。

でも、それが最後になりました。



翌日、火葬してもらい今は実家に遺骨があります。



前日、病院へ行って良くなりつつあると思ってただけに、あまりに急で想像もしてなくて。
経緯を考えると、きっと心臓発作のような事が起こったんだろうけど…



この記事を書いている今も涙が出てるけど、
きっとロッキーはみんなの笑顔が見たいはずだから。

何よりロッキーに伝えたい気持ちは『ありがとう』と『大好き』だから。

まだまだ悲しみや、寂しさや、なんで!?っていう気持ちでいっぱいだけど、
そういうことはこれ以上書きません。



小さな頃や若い頃の写真が殆どなくて、
2年前私たち夫婦が地元に帰ってからのスマホ画像しかないのが残念ですが…


ペットショップの売れ残りで、両親が出会った時には4ヶ月でやや大きかったロッキー。

それでも、一目で飼うことを決めた両親と一緒に我が家に来たロッキー。

その頃はムクムクコロコロしてて、ぬいぐるみみたいで。

映画のロッキーみたいに強く優しく育ってほしくて。
ロッキー山脈みたいな雄大さ、美しさをイメージして。

ロッキーと名付けました。


若い頃は元気過ぎて、力も強くて、手に負えないくらいやんちゃだったロッキー。

大人になって落ち着いたけど、甘えんぼなのは日に日に増して。


いつも誰かにくっついていたくて、
初対面の人にでもグイグイくっついていって私達が焦ったり。

ご飯よりお散歩が大好きで。


ヒラリーなんて子分が出来ても態度は全く変わらずマイペースで。


でも、すっごくヤキモチ焼きで、私達とヒラリーの間に割って入ることはしょっちゅうで。

時にはヒラリーに教育的指導をしたり。


夏はプールで遊んだね。
こんなにプール遊びが好きなら、もっと大きなプールに連れて行ってあげたかったなぁ。


冬は雪に大興奮だったね。


2人のこの後ろ姿には笑ったよ。


2人の距離がちょっと近づいたこの写真も好きだなぁ。


こんな寝顔や


こんな笑顔に


どれだけ癒されたことか。

でも、ロッキーが本当に嬉しそうな顔をするのは、
大好きな家族に撫でてもらってる時で。
横顔しかないのがちょっと残念。。。



頭が良くて、我慢強くて。

優しくて、穏やかで。

すっごく甘えんぼで、ちょっとビビりで。

本当に本当にいい子だったね。

少し早い旅立ちだったけど、ロッキーと過ごした時間は宝物だよ。

いっぱいの幸せをありがとう。

今までもこれからもずーっと大好きだよ。




最後に…
これまでロッキーを可愛がってくださった皆様、
ロッキーの病気のことをご心配いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

冬じたく。

待ちに待った20日。

…といえばイオン5%OFFの日~♪

前から目をつけてた冬用ベッドがあったのですが、
なんとなく定価で買いたくなくて(笑)

寒いったってまだ11月だし。

でも、これから冬本番!
これまでブランケットで耐えてたヒラリーさんに、ついにベッドを進呈。


なぜかふてぶてしい顔に不吉な予感がしながらも、
ベッドを差し出すと…



Oh…_| ̄|○



Nooooo…(ノД`)

恐れていたことが現実に。



いつもより激しいし。



なぜか得意げやし。

完全にエモノと勘違いしてるけど、
このままベッドとして使う前に破壊されるわけにはいかぬ!!

ゴラー!!と怒って、待てのコマンド。

奇跡的に待てしてくれたけど、なんつー顔しとんねん!!


取りあえず、使い方を教えねば。



つまらん、ちゃうわ!

気持ちいいやろ?



チッ…。

仕方ない。
まともなブログ用写真も撮れてないし、オヤツで釣るか。

ベッド=気持ちいい=しかもオヤツもらえる素敵な場所

という図式を期待して♪



現金なヤツめ。

ベッドと同じく傷付けられた親心の仕返しに、ちょっと長めのマテ(笑)



オヤツを食べると、コテンとベッドの縁に顎を乗せた!



かわいいじゃないか(●´ω`●)

くぅ~結局は何しても可愛いってズルいぞ!!

お留守番時にゲージ内で使う予定だけど、
どうかこのベッドはドームベッドと同じ道を辿りませんように。

寒さ対策に買ったんだから、その気持ち分かってよ~。

頼むよ、ヒラリ~。


ベッドを買ったのは20日ですが、この日はロッキーが旅立って、その後も色々あったので…
実際にベッドを提供したのは数日後です。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑩

おはよー、ロッキー。

今朝は目に元気があるね!


朝ご飯も昨日とほぼ同量を食べたし。


この調子なら病院に行く体力はあると判断し、
一週間ぶりに病院へ行きました。


車では、初めは後部座席の足元で伏せをしてたけど、


途中からはお座りしてキョロキョロ。


病院に着いてから、駐車場でウロウロしながら昨日同様に切れの悪いオシッコを。


診察室で先生を待つ間にもオシッコ。
で、疲れてしばらく横になる。


でも、尿検査にちょうど良かった。

今回は尿に潜血やタンパクなどの異常は全く認められず、問題なし。

腹部エコーでは、腹水が少し認められたけど、経過観察で問題ない程度とのこと。
腹水のはっきりした原因は分からないけど、
出血や食事量の減少で血中アルブミンが低下したせいかもしれない、とのこと。

また、膀胱にはちゃんと尿が溜まってるし、尿検査で異常はないから、
膀胱炎や尿路感染はないと考えられ、
オシッコが出ないと問題だけど出るならこのまま様子をみてください、と。

あと、左目は眼内出血の影響で眼圧が高く、緑内障の状態。
このままだと視神経が損傷し、完全に失明する可能性があるので、目薬が処方されました。

そして、肝心の血液検査結果。

血小板は先週1.3万だったのに、正常範囲の20万まで増えてました!
血液凝固検査も正常!!

ヘマトクリットは21。先週15だったので微増。
まぁ赤血球とかは急には増えないから、これでもいい方。

ロッキーの様子を見ていて、良くなってるんじゃないかとは期待してたけど、
実際に数値で確認できて、本当に安心しました。

少し気になるのは白血球が徐々に増えていることと、γGTPが少し高いこと。

これも経過観察していくことになりました。

ということで、危機的状況はひとまず脱した結果、
ステロイドが3分の2に減量となりました!

あぁほんとに良かった~!


よく頑張ったね、ロッキー。


帰宅すると、大好きな車から降りたくないって抵抗。
降ろすのに苦労したけど、それだけ力が戻ってきてるんだなって嬉しくなったり。

午後はオシッコする時以外は穏やかに寝てました。


腕枕して、人間みたい(笑)



あぁ可愛い。


完全に安心できる状態ではないけど、
ひとまず回復傾向にあるってことで精神的にかなり楽になりました。

ほんと良かった~。

ご心配いただいた皆様も、本当にありがとうございます!!
これからもロッキーの様子を時々紹介していきたいと思います(^^)/


さて、最近のヒラリーですが、
すっかりこたつの虜です(笑)


去年同様、私の足の間で丸まってます。 


ここしばらくはヒラリーにもストレスをかけたと思うので、
これからは徐々にヒラリーとの時間を増やしていきたいと思います(*^^*)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑨

命の宣告をされてから7日目。

昨夜はぐったりして…大丈夫か?って心配したけど、
今朝は缶詰め半分とジャーキーを食べて、


外に出たそうにしたので、リードをつけると、
昨日よりしっかりした足取りで家の前をウロウロ。


コロコロっと出たウンチの色は昨日と変わらず赤茶。

歩いた後はやっぱり疲れるのか横になって休むけど、


こんな穏やかな寝顔を見ると、ちょっと安心する。


昨日までと違うことと言えば、
今日はオシッコの回数が多くて、しかも勢いがない。
庭へオシッコに行き、


門のところに行って外の様子を伺ったかと思えば、また庭にオシッコにいく。


一旦行き始めると5、6回これを繰り返す。

ポタポタとしか出なかったと思えば、次はチョロチョロと長々と出たり。

残尿感みたいなのがあるのかなぁ?
スッキリしない感じ。

ちょっと心配だけど、
これだけ行ったり来たり出来る体力があるってことは嬉しかったり。

ただ、やっぱり疲れるよね…。

こんな可愛い格好で爆睡。


夕方また外でオシッコをして、


左目が見えてないせいか、疲れのせいか、
真っ直ぐ歩けず植え込みに頭を突っ込んでまたオシッコ。


明日、病院に行くので、オシッコのことも聞いてみよう。

さて、晩ご飯は朝の残りの缶詰めと、またまたジャーキー。
ドライフードは全く食べず。

フードも出来ればもう少し食べてほしいなぁ。

でも、もう危ないってお医者さんに言われてから1週間も頑張ってる。

頑張ってるロッキーにほんと感謝です。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑧

命の宣告をされてから6日目。


おはよー、ロッキー。


夜中にオシッコで何度も起きるから、まだ眠そうやね。

ただ眠いだけならいいけど、なんとなく元気がないような…。

昨日はガツガツ食べた缶詰めフードにも見向きもせず、
仕方なく唯一食べるジャーキーと一緒にお薬を飲ませる。


この後、庭にオシッコしに行って、門のところでウンチを。

なんと色が戻ってました!
少し赤みがあるかなぁって思ったけど、真っ黒から比べると全然いい!

まだしたそうに外を見てたので、リードを着けて出たら、
フラフラ歩いてもう一度ウンチ。
これも色は健康な時に近い。

昨日はウンチをしなかったから、尚のこと良かった~。

ただ、ウンチするのに体力を使い果たし、
バッタリ横になって家に帰れなくなったので、
ドライブシートを担架代わりにまたみんなで抱えて帰る。

ドライブシートがこんな所で役に立つとは。

ぐったりなロッキーさん。
良く頑張ったね。


お昼前にまたジャーキーを。


美味しそうに食べる。


水も勢い良く飲むけど、


今日は途中で入れ物のフチに顎を置いて、
休憩しながら飲んでいました。


その後ハァハァしてたので、暑いのかと思ってストーブを切って。


午後は途中トイレで起きる以外は爆睡でした。


誰かが目の前を通っても、声をかけても、撫でても無反応。

こちらが不安になるくらい深く寝てました。

次第にトイレに行く姿もしんどそうで、

オシッコから戻ってくるとこんなぐったりした姿に。


夕方以降は本当にぐったりしていて、


晩ご飯もジャーキーを少し食べて、ミルクを飲んだだけ。
他は食べようとしない…。

また今夜が山かと覚悟した夜でしたが、なんとか頑張ってくれました!



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑦

命の宣告をされてから5日目。

昨日頑張りすぎたせいか、今日はややぐったり。

昨日はあんなにガツガツ食べたヒラリーのオヤツにも、
今日は全く見向きもせず。

ドライフードも食べないし、唯一食べるのはジャーキーだけ。

これじゃ栄養が足りないので、缶詰めのフードを買ってみました。

ロッキーにとっては初めての缶詰めフード。
肉肉しいニホイに興味が惹かれた模様。


おっ!久しぶりにペロリが出たね!


ほぐしていると、待ちきれないのか立ち上がってクンクン。


久しぶりにガツガツ勢い良く食べてくれました♪


しかも食べ終わった後も、おすましポーズで催促?


もっとちょーだい。とでも言っているかのように旦那さんを見上げる。


でも、やっぱり疲れちゃったね。


お昼過ぎにも違う缶詰めフードを。


なかなか良い食べっぷりでした(*´∀`)


食べた後はぐったり。


やっぱり水を飲むにも、ご飯を食べるにも体力を消耗するので、
その後はしばらくぐったり横になる。

これでも、先週水曜よりかなり良くなったと実感できます。

今日はご飯もいっぱい食べてくれたから希望がもてます!

がんばれロッキー!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

お庭でランラン。

お散歩写真を撮るのが非常にヘタなので…

お散歩前の準備運動の写真をパラパラ載せてみました。

ボールを追いかけて


走ったり。


ボールを咥えて


走ったり。


投げたボールを咥えに


走ったり。


とにかくよく走る。

もっと広いところで走らせてやりたいけど、
ドッグランにいくと金魚のフンと化す(-_-;)

冬場ならドッグランも空いてるかなぁ。

どう?
行きたい、ヒラリー( ̄∇ ̄)?

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑥

お医者さんから命の宣告をされてから4日目。

おはよう、ロッキー。


まだ眠そうやね~。

顎をなでなですると気持ち良さげ。


しばらくすると、立ち上がってオシッコをしに庭へ。

今朝は足取りが昨日までよりちょっとしっかりしてる。




音にもしっかり反応して、家の中から話し声が聞こえると、
頭をあげてピクッと耳も立てるし、目もパッチリ。


なんとなくいつもより元気かも?って思ったけど、
フードを全く食べようとせずどうしたものかと悩んで…

美味しそうな匂いのするヒラリーのオヤツをあげてみると、これが大ヒット!


バクバク食べて薬も飲んでくれました。

しかも、お座りをしてもっとちょーだいと催促まで!


ただ、お座りはしんどいらしく、
次第にズルズルと沈んでいき


伏せってしまうけど。


でも、この日は朝と夕方、自分から外に出たそうにしたので、
リードを付けて出てみると朝2回、夕1回ウンチをしました。

昨日はウンチをしなかったので、ちょっと安心。

色も真っ黒からすこーしだけ変わっていたような…

今日は姉①②の家族も来て、賑やかな雰囲気に触発されたのか、
ロッキーの目や表情に活力がありました!
伏せてても、頭を上げてる時が多かったし。

このまま少しずつでいいから良くなって、ロッキー。



この日、薬だけもらいに病院へ行きました。

前回診察してもらった先生にロッキーの状況を説明すると、
今もロッキーが頑張って生きてることに驚いていらっしゃいました。

わずか2日でヘマトクリットが32から15に減っていて、
恐らく全身から出血している状況。
10を切ると内臓が機能せず死亡する可能性が非常に高いらしく、
正直なところ、このままの経過だと危険だと思われていたらしいです。

でも、今は鼻血も止まり目の腫れも引いてきているなら、
もしかすると出血がおさまってきているのかもしれないそうです。

血液検査をしてみないと分からないけど、
15を維持しているかやや増えているか。

つまり、今の薬の効果が出ていると考えられ、
急激な病状の悪化とステロイドが効いていることから、
やはり免疫介在性の血小板減少症ではないかということでした。

ただ、それがリマダイルが引き金になったか突発性になったかは判断できないようですが。

とりあえず、5日分の薬を貰いましたが、
ステロイドも1ヶ月以上飲み続けると肝臓など別の障害が出てくる恐れがあるので、
なんとかこのまま少しずつでも良くなってくれることを祈るのみです。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

甥とヒラリーの関係。

週末、姉1家族がやってきました。

ヒラリーが大好きな姪。
ヒラリーが怖い甥3。
ヒラリーに興味津々の甥4。

甥3が実家に避難している頃…

ヒラリーは姪と甥4に大興奮!


いや~今はもう私や旦那さんにここまで興奮しないもんね(^_^;)


ヒラリーも新鮮なんだろうなぁ。

楽しそうでなにより( ̄∇ ̄)


楽しいアピールを私にするところが可愛いやん♡

そんなヒラリーに甥4がたまごちゃんで興味をひこうとすると、


こうなった(笑)


ヒラリーにしてみると、甥4は同レベルの遊び相手なのかも。


ってか、下に見られてるよね?

完全に押さえ込まれてるやん(^-^;)


甥4がパパに助け出されても…しつこいw



しばらくして、甥3が勇気を出して我が家に来た。

ちょうどいい具合にヒラリーも疲れてたので、
みんなにはやし立てられヒラリーにタッチ。


なんともぎこちない触り方にヒラリーもとまどう。

そして、大人しい甥3に興味を無くす。


ヒラリーの動きにビクビクしてる甥3の肩がヤバい(笑)

そして、またそそのかされ(笑)ヒラリーにタッチ。


お腹見せた!って喜んでたけど、
押さえる手にちょっと無理矢理感があったよね~。

ヒラリーもしょうがなくって感じがめっちゃ顔に出てたし。

ま、これで少しでも甥3とヒラリーの距離が近づいたならいいけど☆

姉1も頑張れよ~(笑)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!⑤

お医者さんから今日明日と言われた2日間を乗り越え3日目。



おはよう、ロッキー。


オヤツを置いてる場所の扉を開けると、
パッチリ目を開けた!


左目はまだ赤く腫れてるけど昨日より目の開き方が大きい。


右目は今日も問題なし。


もしかすると左目は黒眼の色も変わってるし、視力が落ちてるか見えてないかも。

長く開けていられないし。



今朝も試しにリードをつけてみたけど、
パタパタと二回しっぽを振っただけで、起き上がらず。

お昼前に自分で歩いて門の所まで行ったから、
ウンチがしたいのかと思って外に出たけど、
4、5歩歩いてそれ以上進めずそこで横になった。

なので、3人がかりで抱えて室内へ。

今日はウンチが出ず、
庭へオシッコをしにいこうとしても間に合わず、
室内で横になったまま2回オシッコ。
室内でした後も庭へ行ってまたオシッコ。

多飲多尿はステロイドの副作用だろうけど、
どうか副作用だけじゃなく本来の効果も出ていてほしい。

今日も鼻血は出てないし、左目の腫れは若干引いてる気がするけど、
ウンチを見てないから出血が止まりつつあるのか分からない。

血液検査をして今の状態を知りたいけど、
病院への往復がロッキーの体力を激しく消耗させるだろうし。

今日は夕方、夜になるにつれ、ややぐったりして昨日より元気がない。

ご飯もなんとか食べたって感じ。



この日の夜中は大丈夫かな?って何度も様子を確認しました。



鼻血が出た火曜日以降、リマダイルについて調べてみると、
副作用に免疫介在性溶血性貧血、免疫介在性血小板減少症、失血貧血、鼻血があり、
出血が認められる犬に対する安全性も確立されていないと添付文書に記載がありました。

しかも、もっと恐ろしいことに突然死につながることもあると警告が。

処方された時、説明を受けたのは胃腸障害の副作用のみ。

私自身、前職のおかげで人間の薬の知識が少しだけあるので、
NSAIDと聞いて、ロッキーは肝臓腎臓は健康だし胃腸障害に気をつけないとって思っただけ。

処方された時にもっと薬のこと調べるべきだった。

少なくとも死に繋がるような重篤な副作用がある薬なら、高齢犬だし、事前に血液検査をしてもらうべきだった。

3日に1回に切り替わった時にでも経過観察で血液検査もしてもらうべきだった。

確かに用量としては非常に少ないからリマダイルの副作用とは言い切れないけど、
足の具合が良くなったとその時は喜んで、
胃腸障害も出てないしこのままリマダイルを上手く使っていければと思った自分に腹が立つ。

今のロッキーは薬の副作用よりも効果を優先して、
効果が現れると信じて服用しないといけない状況だけど、
今後ロッキーやヒラリーに新たな薬が必要になったときは、
添付文書をしっかり読んで、不安な部分は事前に検査をし、使用中もあらゆる副作用の兆候がないか気をつけようと思います。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!④

お医者さんに今日明日の命と言われた翌日。

昨日は乗り切ったけど今日は…?という不安がつきまとう朝。

おはよう、ロッキー。


写真で見ても、たった3日間でガリガリに痩せたって分かる。

でも、鼻血が止まったね!


目も昨日よりよく開いてる!
昨日は左目が全く開かなかったもんね…。


試しに散歩用のリードを付けてみたら、
家の前の田んぼまでヨタヨタフラフラ歩いて、オシッコとウンチしたし。

ウンチはまだ血便だったけど、全体的に昨日より状態が良い気がする。

朝ご飯は昨日と同じく、いつもの半分量しか食べなかったけど、
少しでも食欲があるってことが希望がもてる。

今日はすごく寒かったので、電気ストーブを出してみると、


すっごく気持ち良さそうに寝ていました。


でも、今日も水をがぶ飲みして、しょっちゅうオシッコをしに庭へ行っていました。

庭まで歩いて行って帰って来るだけでも、今のロッキーにしてみれば大変なこと。
たったこれだけのことで、ゼーハー呼吸が荒く、しばらくぐったりします。

夜は、こんな嬉しそうな顔をして、しっぽを振りながらご飯と薬を食べました。


やっぱり量はいつもの半分。


ロッキーのフードはシニア用なので、
食べる量が少ないなら少しでも栄養価の高いものの方がいいかもと思い、
ヒラリーのフードをあげてみると食べてくれました。

これでいつもの4分の3はフードを食べたことに。

少しでも食べて体力をつけてくれれば。


夜寝る時はこんな感じでシーツを敷き詰めてます。


穏やかな顔してる。


あ、ごめん。カメラの音で起こしたね(^_^;)




この日は、鼻血も止まったし、目も少し開いたし、しっぽも振ったし、
昨日より良くなってるって少し希望が持てました。

その存在だけで私たちを幸せにしてくれるロッキー。
どうかこのまま回復しますように。


《ちなみに…》
ここ数日、ロッキーにかかりっきりで、ヒラリーとの時間が短くなってしまってました。

朝は散歩に行き、夜はいつもより長めに家の中でボール遊びをしていたけど、
やっぱりストレスが溜まっていたみたいで…

セルフカットによりお耳がさらに短くなりました(ToT)

そして、胃液もゲロっと。

この日の夜のヒラリー。


晩ご飯を食べた後ですが…

完全にスネてます(^◇^;)


愛情は変わらないし、むしろ日々ヒラリーの存在の大きさ、大切さを感じてるんだけど、
うまく伝わらないようです。。。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!③

ロッキーが鼻血を出してから3日目。

この日は朝ご飯も全く食べようとせず、ぐったり。

左目はまぶたの裏まで内出血して殆ど開かず。
ロッキーが開けようとしても僅かにしか開かず、
開いても真っ赤に腫れた瞼の裏側が見えて痛々しい。
鼻血も僅かに出ている。

車に乗る前に、ヨタヨタ歩いてオシッコとウンチして。


ウンチは変わらず血便で、あまり薬が効いてないのかと不安に思いつつ母と病院へ。

駐車場で順番が来るまで待って、いざ車から降りると、
2、3歩ヨロヨロと歩いた後、意識を失うようにバタンと倒れました。

急いで受付に行き、看護師さんとストレッチャーを持って戻ってくると、
横に倒れたままオシッコを。

いよいよヤバいのか!?と涙を堪えながらストレッチャーに乗せ、診察室へ。

ドクターを待つ間に意識は戻ったけど、本当にしんどそうで。。。


この日の診察は院長先生が担当で、
熱は39度台に下がってたけど、血液検査の検査、
血小板がさらに減りヘマトクリットが一昨日の半分に減っていました。

原因はやはり不明だけど、一昨日の診察と同じく可能性は3つとのこと。

でも、原因どうこうよりヘマトクリットが僅か1日半で半分になっていて、
すぐに輸血が必要な状態。
しかも、この減り方から考えると輸血をしても間に合うか…
もって今日明日ですと宣告されました。

輸血をするにしてもロッキーの大きな体に必要な量を集めるには
ドナーの手配に時間がかかるそう。

多くのワンコに輸血に協力してもらっても、その日生きられるかどうか…
その日生きられてもきっと次の日にはまた輸血が必要になる可能性が高いと…


現実を受け止めるのに精一杯だったけど、
いや、受け入れたくなかったけど、
私と母の答えは直ぐにでました。

この日はステロイド注射だけしてもらって帰ろうと。


献血してくれるワンコ達に多大な負担をかけても、それに見合う効果が出るか分からない。
それに病院で輸血をする行為自体がロッキーに身体的精神的負担になるはず。

もし本当に最後になるかもしれないなら、早く大好きな家に連れて帰ってやりたい。


今日明日の命と言われながらも、僅かな希望を願って3日分の薬を貰って帰りました。

帰りの車でもぐったり。


目も殆ど開きません。


お昼前に家に帰って事務所で休ませていると、
1時間くらいして自分で立って庭へオシッコしに行きました。
4時頃は頭をあげて庭の方を見てました。


いつも自分のハウスから見てる景色を眺めてる姿にさらに切なくなったり。


でも、懸命に生きてる姿に心をうたれたり。

唯一の希望は、この日の夜はご飯を半分食べて薬を飲んだこと。

どうかどうか生きてと願った日でした。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!②

病院へ行った翌日の朝。

ワンワン吠えて散歩を要求し、
散歩から帰ったらまた吠えてご飯を催促したロッキー。

薬が効いて元気になっていってるんだ!と喜びました。

ただ、まだ鼻血は出てるし、ウンチは血便だし、
腰に昨日はなかったはずのコブが出来ててそこからも出血してたので、
予断を許さない状況に変わりありません。。。

でも、ポカポカ陽気の日中は気持ちよさげにお昼寝をする姿に安心したり。


いつものように壁にスリスリしてる姿に安心したり。


しかし、薬の影響かこの日からめちゃくちゃ水を飲んでは頻繁にオシッコに行くように。


そしてまた寝る。


起きる。


水をがぶ飲みして、オシッコして、また寝る、の繰り返し。


16時半ごろになって、なぜか急激に元気がなくなって目も虚ろに。


あんなにパッチリ開いてた目が殆ど開かなくなって。


ぐったり横になって。


しばらくすると、突然立ち上がって嘔吐。

吐瀉物に血は混じってなさそうだったけど、
苦しそうな息遣いでまたぐったり横になる。

ステロイドの副作用か?
でも、それなら注射した日に吐きそうだけど…

日曜から用事で東京に行っていた両親が帰ってくるまでまだ2時間もあり、
とにかく不安になって叔母に来てもらいました。

呼びかけても目も開けないし、ピクリとも動かなくて、
お腹に手をあてたり、鼻に手をかざしたり、呼吸をしてるか確認しつつ、
なんとか両親が帰ってくるまでは持ちこたえて!!と祈りながら、ひたすら頑張れ頑張れと声をかけ続けました。

すると18時頃、声に少しずつ反応するようになり、
しばらくすると尻尾を振ってくれるように。


ロッキーが尻尾を振る姿にこれほど安堵し、嬉しかったことはないかも。

それからは少し目も開くようになり、
19時半頃あわてて帰ってきた両親の声にも反応し、
久しぶりに聞いた両親の声が嬉しかったのかヨロヨロと立ち上がりました。

それで、自分でオシッコも行って。

ご飯もいつもの半分量だけど食べて、薬も飲んで。

翌朝病院に連れて行くことにし、この日の夜は両親がロッキーをみてくれました。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

がんばれロッキー!①

お久しぶりのブログ更新です。

ヒラリーの話題が色々とあるんですが、それよりもロッキーが重篤な状態でして。。。

ブログを書く状況や心境になかったのですが、
この11/10の記事を書いている11/13、ほんの少しだけ小さな小さな希望が見えたので、
本当に嬉しくて、ロッキーの頑張りを書こうと思いました。

気分を害されるような描写があるかもしれませんので、苦手な方はスルーしてくださいm(_ _)m



先週11/6頃からウンチが黒っぽいなぁ、でもちょっと黒いウンチは以前にもあったし…と思ってたら、
11/9には明らかにドロッとした血液が混じっていて、
急いで病院に電話したら
「鎮痛剤リマダイルの副作用で胃腸障害が出ているかもしれないので、
リマダイルの服用を止めて様子を見てください」との返事が。

止めるといっても、10/24からは3日に1回(毎週月曜と金曜に服用)にしていて、
最終服用日はややびっこがひどくなっていた11/6なのに。

たまたま両親が日曜から不在で一人で病院に連れて行くこともできず、
とりあえず様子を見ようと思ってたら、11/10のお昼頃に鼻血を出して、
ぐったり横になって呼んでもハウスから出てこない。

これはヤバい‼と、時間外だったけど急いで病院に連れて行きました。
車の中で動く元気もなかったので、一人でも大丈夫でした(いつもは運転の邪魔をしないよう補助がもう一人いる)。

病院に着くなり、玄関の前でウンチとオシッコをしてしまったロッキー。
それを見た先生が明らかに血便ですねと。
検査用にそれぞれのサンプルを採ってみると、尿は黄色いけど潜血3+。

診察室に入ると早速出血箇所を確認するため、エコー検査。



でも、内臓に明らかな出血病変は見当たらず、腫瘍もない。
心臓の動きも正常で、エコーで見える範囲には原因となるものが確認できませんでした。

それから採血をし、熱を測ってみると40.7度(平熱は38度)。

熱が高いので血液検査の結果が出るまで、別の診察室にクーラーをかけてもらってしばらく待ちました。

この時はハァハァ若干呼吸は荒く、鼻血も出てるものの、この笑顔。


熱のせいか、持ってきていた水をあげたら500mLあっという間に飲んじゃいました。

この時はまだ左目はパッチリ開いてる。

血液検査の結果は、血小板が1万ちょっとしかなく(通常は10万くらい)、
血液凝固検査(APTT)でも延長が認められました。
さらに先生が確認すると、血便、尿潜血、鼻血だけでなく、左の白目(眼内ではない)、歯茎、皮下と
至る所から出血しているのが分かりました。
当然、ヘモグロビンやヘマトクリットも低く貧血状態。。。
そして、白血球が13000くらい、リンパ球も高く、CRPは上限振り切れ測定不能。

熱もあるし、血液検査でも明らかな炎症反応が認められました。


でも、原因が分からない。。。
可能性としては、
①エコーでは確認できなかったけど、隠れたところに腫瘍がある。
②突発性の免疫性血小板減少症。
③リマダイルの副作用。

リマダイルに関しては、3日に1回(1錠)だとロッキーの体重からすると非常に少ない量なので、
効果も低ければ副作用という影響もほとんどないと考えられ、可能性としては非常に低いらしい。


先生の説明を聞く間にグッタリ…

とにかく、原因の追求よりもまずは出血を少しでも止めることが最重要で、
これ以上出血が続くと命の危険があると言われました。



本当に突然の事態で、頭がついて行かないけど、
今出来る最大限の処置をお願いしました。

出血を止めるには何より血小板を増やさなくてはならず、
動物の薬ではステロイドしかないらしい。
以前、ひどい皮膚炎になったときステロイドを服用し、
激しい嘔吐と下痢をしたことがあったので出来るだけステロイドは避けたかったけどそうも言ってられず、
ステロイドと抗生剤の注射をしてもらいました。

そして、内服薬として、ステロイド、止血剤、抗生剤、胃腸薬が3日分処方されました。

また3日後に受診することとし、この日は想像以上に深刻な状況だけど、病院へ行ったことできっと大丈夫と思い込もうとしていました。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')


やらせじゃないよ。

ある日の夜。

私がこたつで本を読んでいる背後で、こんな風にすやすや寝ていたヒラリーさん。

↑この写真はこれから起こったことを分かりやすくする為に、後から撮ったものですが。。。



しばらくして、

寝ていたはずなのに、私の背後からガリガリと不吉な音が。

そ~っと後ろを振り返ると、

こんな状態のヒラリーさんが( ゚Д゚)‼


「へっ⁉」はこっちのセリフや‼

どないしてん⁉



いやいや、可愛いし、面白いけど。



いやいや、問題ないっちゃ問題ないけど。

どれどれと近づくと、なぜか警戒される(-_-;)


そして、バランスを崩して転がった。。。


なるほど。
側面をガリガリしながら、バランスを崩しながら転がって行ったのね。
よくそんなに上手く転がってベッドに乗ったな~。

正真正銘、やらせじゃございません。



その後、
ガリガリしたり、カミカミしたり、振り回したり。

コラーって怒ったら、なんとコレで落ち着いた。


おいおい。


去年もあったけど、激しく使い方間違ってるよ。



いや、どかすけどね。

本来の使い方に戻したら、恨みがましい目で見られた(^_^;)


でも、暴れて疲れたのか、こんな可愛い顔して寝ちゃったけど。


結局、ガリガリ&カミカミがひどくなったので、
今年もこのドームは撤去となりました。

すでにボロボロだけど、
このドーム、いつか無事使える日が来るんだろうか。。。

大人しくなったヒラリーなんて全く想像つかん(;一_一)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

久しぶりの夕さんぽ。

日が短くなり始めてから、平日も休日も朝さんぽメインになったので、久しぶりの夕さんぽ。

まずは庭で軽く準備運動。


ピンクのおつなぎ着てるとウサギさんみたいでかわええのぅ。


飛び跳ねながら走る姿がほんとウサギみたい。


さて、そろそろお散歩に行きますか。


もちろんボールは置いてね。

だって、スンスンに邪魔でしょ。


この手の草では必ずスンスンするもんね。

ほらここでも。


それより、このオチリかわええなぁ(●´ω`●)

って思ってたら、めっちゃ睨まれた!!


その後は、ダッシュしたり。


またまたダッシュしたりw


そうして、行ったり来たりのダッシュをしつつ、距離を稼いで家に帰ると、

隣の実家で洗車中の母に猛烈かまってアピール。


いつもは構ってくれる母もさすがにこの日は無理で…最後はしょんぼりして帰宅しました(^_^;)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

やっぱツリーは赤でしょ。

まだ11月になったばかりですが、ハロウィンが終わったら気分はもうクリスマス♪

こちら、去年旦那さんに散々ババくさいと罵られたツリー。


このオレンジ色がショップでは一番人気だったのに、
ババくさいシュミーズみたいと不評だった去年。

今年はリベンジだ!ってことでお値段以上のお店で仕入れてきました。


今年は赤系統の飾りを多めに。

リボンを作っていると、紐や布を見ると黙っていられないこのお方が乱入。


しっかり邪魔をされながら、せっせと飾り付け。


シュミーズ色の飾りは残念ながらお蔵入り。


そして、今年のツリーがこちら☆


やっぱ赤はクリスマスって雰囲気が出るわ~。

今年は旦那さんも満足らしい。


さて、飾り付けが終わったらヒラリーも興味をなくしてお昼寝タイム。


でも、私たちがアイスを食べ始めると、
ガサガサとパッケージを開ける音に反応したのか、
あんなにぐっすり寝てたはずなのに何故か隣に(◎-◎;)


ほんのちょびっとだけクリームがついた棒を進呈。


これだけで十分満足らしい。

ひたすら舐めた後は、棒を噛み始めたので、
飲み込む前に取り上げようと引っ張ったら、必死に食らいついてきた(*_*;


その根性、ドッグランでも見せてほしいものやわ…。

で、満足したらまたお昼寝。


なんとも羨ましい生活やね~。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')

またまたお股。

足裏&お股カイカイで8月に病院に行き、
薬で改善していたのですが…

またまたお股カイカイになったヒラリーさん。


発疹が出来ては治りを繰り返していたのですが、
ここ最近すごく舐める上に、お尻ズリズリしながら歩くことも多いので、
病院に連れて行くことにしました。

これから病院に行くとはつゆ知らず、余裕の大あくびに、


舌をハムハム。


頭はとっちらかってるし、非常に残念な寝ぼけ顔。



そして、病院到着。

あっという間におヨダでびちゃびちゃ。


待合室には柴犬母娘の先客が。
母の目線が非常に鋭い。


やっぱり気になってチラッと見たものの、


鋭い眼光に完敗(-_-;)


中待合室に入っても、相変わらずの尻尾イン。


診察室に入り、診察台に上がった時には力尽きた模様。

台の上にへばりつく。


先生がお股を見ようとするも、伏せてるから見辛そう。


お股は舐めてる割に大したことない、と。

それから、最近、肛門腺を絞ってもあまり出ないので詰まってないか確認してもらったところ、
先生が絞ってもほとんど出なかったので、詰まってないし、溜まってもいないとのこと。
私の絞りの腕が落ちたのか!?って心配したけど、それもないみたいなので安心( ̄∇ ̄)

ただ、肛門内側もやや赤くなって炎症があるらしい。

以上、今回は炎症はあるものの程度は大したことないので、塗り薬が処方されました。



とりあえず、大したことなくて良かった(*´∀`)


帰宅したヒラリーさん、絶好調でテレビの野生動物に吠える(笑)

ウォフウォフ吠えてる瞬間は逃したけど、こんな感じ。


テレビの動物に向かって吠えること、けっこうあるんですよねー。
ビビりのくせに、家では強気!?


さて、数日薬を塗っているとお股はすっかり綺麗に治りました。
足裏は相変わらず舐めるんですけどね(^_^;)

先生は足裏もそこまで酷くないと言っていたので、マラセブシャンプーで様子見です~。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
     ↑
ご覧いただきありがとうございます。
励みになります(*'▽')





Category: 病院。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。